リンパに効果的な運動


リンパ液を流すには適度な運動が効果的

リンパ液は体中に張り巡らされた管によって運ばれます。
リンパ液は体の中の使用されなかった糖や、乳酸や脂肪など老廃物を運ぶ役割をしており、流れが滞ると「ムクミ」の原因になります。
リンパ液は体の末端から心臓方向へと流れる一方通行の流れですが、血液とは異なり心臓のようなポンプの役割を果たすものがない為、ずっと同じ姿勢でいるなどの状態が続くと流れが悪くなります。
これを解消するには運動が効果的です。
適度な運動によって筋肉の収縮が発生し、それがポンプの役目を果たして流れをスムーズにします。
最近はウォーキングやランニングをしている人が多くいますが、過度に継続することなく30分から40分ぐらいの時間で、軽く汗を掻くぐらいの有酸素運動が良いと思われます。
これに加えて入浴時、脇の下、ひじやひざの裏側、首、鎖骨部分などのリンパ管が集まっている部分を、力を入れないで心臓時方向に向かってマッサージすると流れをよりスムーズにでき健康な体を保つことができます。

運動でリンパの流れを良くする

ダイエットを行う時、リンパを流すことは重要なポイントになります。
運動をいくら行っても、老廃物を排出するリンパの流れが滞っているとその効果はあらわれにくいのです。
リンパは身体中に張り巡らされていて、身体の中の老廃物を排出する仕事をしています。
しかし流れが悪くなったり詰まってしまっていると、どれだけ脂肪を燃焼しても老廃物が出て行かないため痩せないのです。
さらに足や顔などに排出すべき老廃物が残されてしまうのでむくみも引き起こします。
効果的なのは、運動を行った後にマッサージをして、燃焼した脂肪と老廃物を排出する手助けを行うことです。
流れが悪かったり、詰まっているリンパの流れを良くし、詰まりを良くすることで、身体の脂肪を落とすことにつながり、ダイエットの効果が上がるのです。
ウォーキングやジョギング、水泳などの運動を行うことで必然と流れが良くなり代謝が上がるります。
代謝が上がることでさらに痩せやすくなるため、習慣化すると良いでしょう。

Favorite

グッズ制作を頼む

最終更新日:2018/6/28


Copyright (C) 2015 Flow of lymph. All Rights Reserved.